椿川のシラウオ漁

椿川のシラウオ漁は、徳島の春の風物詩で、マスメディアには定番ネタとして毎年紹介されている。「四つ手網(よつであみ)」という漁具をを水底に沈めておき引き上げて魚をすくいとる。

住所:〒779-1750 徳島県阿南市椿町

TEL:0884-22-3290(阿南市役所商工観光労政課)

阿南(あなん)市椿町(つばきまち)では、町をながれる椿川で四つ手網(よつであみ)を使ったシラウオ漁が行われている。四つ手網は、正方形の網の四隅を十文字に渡した竹などで張りその交点にひも、差し出し棒をつけたのも。これを水底に沈めておき引き上げて魚をすくいとる。シラウオはハゼ科に属し、地元ではヒウオとも呼ばれる。頭から尾にかけて黒い斑点がある半透明の魚。シラウオのおどり食いと言って、生きているまま酢醤油で食べたり、卵とじ、天ぷら、清まし汁などに珍重されている。椿川のヒウオ漁は、徳島の春の風物詩であり、新聞、テレビには定番ネタとして毎年出ます。

アクセス:阿南バス椿泊線「横尾」下車

東京・阿南ふるさと会

Facebook


facebookガイドライン

※利用前に一読ください。