高規格道路等の早期完成について国へ要望

那賀川渇水対策協議会・阿南市高規格道路等建設促進期成同盟会の要望団が、1月23日(水)24日(木)の2日間、徳島県選出国会議員、財務省、国交省等を訪問し、長安口ダム改造事業や桑野道路・福井道路等の高速道路の早期完成について要望いたしました。写真は山口俊一財務副大臣に、津波が想定される中で「命の道」として高速道路がいかに必要であるかを訴える平尾会長(阿南商工会議所会頭)です。岩浅阿南市長からも、四国東南部は鉄道と高速道路がつながっていない二重の空白地帯であり、国において最優先で整備してほしいとの発言がありました。国交省においても、太田昭宏大臣や鶴保庸介副大臣とも直接面談することができ、積極的な要望活動を展開することができました。

東京・阿南ふるさと会

Facebook


facebookガイドライン

※利用前に一読ください。