新種アナンムシオイガイにちなんだカタツムリのスイーツが限定販売されます!

今年1月、阿南市水井町で新種のカタツムリ「アナンムシオイガイ」が発見されたことは前にお伝えしましたが、「カタツムリのケーキをつくりたい!」という発見者の松田春菜さん(佐那河内いきものふれあいの里ネイチャーセンター専門研究員)の想いを市内5店舗のお菓子職人が実現させました。9月末のカタツムリ勉強会や試作会を経て開発された、ロールケーキ・シュークリーム・クッキーなどカタツムリに見立てたお菓子は今にも動き出しそうです。このカタツムリスィーツは10/28から来年1/31まで、市内の5店舗で限定販売し、売り上げの1%は発見場所の加茂谷地域に暮らすカタツムリの保全・普及活動に活用されます。皆さん、帰省の際はぜひこのカタツムリスィーツを食べて、阿南にしかいないカタツムリ「アナンムシオイガイ」を育む希少な地域を守る活動を支援しましょう。(写真は試作品のパンです)

カタツムリスィーツのチラシ
カタツムリケーキチラシ.pdf
PDFファイル 906.4 KB
カタツムリスィーツのポスター
カタツムリケーキポスター.pdf
PDFファイル 722.8 KB

東京・阿南ふるさと会

Facebook


facebookガイドライン

※利用前に一読ください。