「新医療施設の整備に向けて」の要望活動

徳島県南部圏域の中核医療機関である阿南医師会中央病院(阿南市医師会)と阿南共栄病院(徳島県厚生農業協同組合連合会)では、勤務医師の減少・高齢化等により、地域医療を守るための医療提供体制が危機的な状況になりつつあります。

 このような中、両病院が新たな医療施設「阿南中央医療センター(仮称)」として統合することとなり、平成29年度末の開院を目指しています。

阿南市地域医療確立対策協議会(会長 阿南商工会議所平尾勲雄会頭)は、阿南市、那賀町及び美波町並びに阿南市内の各種団体で組織する団体で、両病院の統合を支援し、地域医療体制の充実・強化を図るために組織されたものです。

平成27年3月3日(火)から4日(水)にかけて、阿南市地域医療確立対策協議会は、山本香苗厚生労働副大臣をはじめ、厚生労働省、財務省、国会議員を訪問し、新医療施設の整備に向けて予算確保等の要望活動を行いました。

東京・阿南ふるさと会

Facebook


facebookガイドライン

※利用前に一読ください。