高松宮賜杯第36回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント

平成28年8月7日(日)から明治神宮野球場で開催されました「高円宮賜杯第36回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント」に徳島県代表として阿南市羽ノ浦町の『岩脇リバースターズ』(岩脇小学校)が出場しました。

 この大会はいわゆる「少年野球の甲子園」として、全国から各都道府県代表51チームが出場する歴史ある大会で、岩脇リバースターズは111チームが参加した徳島県大会で初優勝し、全国大会の切符を手に入れました。

8月7日(日)に明治神宮野球場で行われました開会式の入場行進では、腕を高く上げ、掛け声をかけながら元気いっぱいの姿は、スタンドで見守る保護者ら関係者の目には「頼もしい子供たち」が映し出されていました。

8月8日(月)の明治神宮野球場での1回戦では、長野県代表の浅間スポーツ少年団と対戦し、初回から終始岩脇リバースターズペースで進みましたが、最終回に1点を取られ、健闘むなしく「0対1」で惜敗しました。スタンドには、東京・阿南ふるさと会、東京牛岐会からもたくさんの方が応援に駆け付け、ふるさと徳島・阿南の代表の岩脇リバースターズの野球少年の闘志あふれる一球一打に声援を送りました。岩脇リバースターズの今後の活躍に期待

します。

試合は惜しくも負けてしまいましたが、阿南からの応援団と東京で暮らす阿南出身の応援団が一体となったスタンドは「熱いの夏」そのものであり、全力でプレーする野球少年に感動をいただきました。

暑い中、球場まで応援に駆け付けていただいた方、また陰ながら応援いただきました東京・阿南ふるさと会、東京牛岐会の皆様、ありがとうございました。

東京・阿南ふるさと会

Facebook


facebookガイドライン

※利用前に一読ください。