盛大に開催!東京・阿南ふるさと光流会

 平成29年10月3日(火)に東京ドームホテル「天空」において、東京・阿南ふるさと会と阿南市との共催で、平成29年度東京・阿南ふるさと光流会を開催しました。

  東京・阿南ふるさと光流会は、今回で6回目となり約170名の参加を頂きました。

東京・阿南ふるさと会の喜多会長の挨拶の後、政治評論家の有馬晴海氏に来賓として御挨拶をいただき、東京・阿南ふるさと会名誉会長の岩浅市長の乾杯の発声で宴がスタートしました。

 会場では、阿南の食材を使った「阿波牛プレミアムコロッケ」や「フィッシュカツ」、「竹竹輪」の特別料理も提供され“阿南グルメ”に舌鼓を打ちながら“阿南つながり”で大いに盛り上がりました。

 また、阿南を応援していただいている、演歌歌手の福浦孝之さん、阿南市出身で脚本家・俳優の市村啓二さん、また市村啓二さんの妹さんで元劇団四季で活躍され、現在は俳優等で活躍されている市村涼子さん、阿南市と交流のある島原市から阿南の応援ソング「阿南やけんど」を作曲されたボビーさんらも駆けつけていただき、それぞれ歌の披露や貴重なスピーチをいただきました。

 また、徳島県立富岡東高校の同窓生で組織する「東京琴江同窓会」の設立総会が来る11月4日(土)に開催される運びとなり、同校同窓会の橋本会長も駆けつけ、設立総会への参加の呼びかけも行いました。

 アトラクションでは、阿南市出身でサクソフォン奏者である内田しおりさん率いるユニット「SoroDuo」の演奏が始まると、サクソフォンとアコーディオンの素敵な音色が会場に響きわたり、レベルの高い演奏に参加者は時を忘れうっとりと酔いしれていました。

  その後、光流会恒例の岡部BANDOによる阿南市内にある高校の校歌演奏が始まると会場は一気に最高潮へ。最後には恒例の“阿波踊り”で主催者もゲストも参加者も一緒に踊りだし、会場内は“ひとつ”に。

 そして、元プロ野球選手で現在日本プロ野球OBクラブ事務局長の八木澤壮六氏より、野球指導の在り方や故障しない練習方法などについて熱く語っていただき、光流会の締めとして東京・阿南ふるさと会の新居副会長の一本締めで宴を閉じました。

 会場入口前のホワイエでは、「しいたけ」や「天然わかめ」、「しいたけ」、「ゆこう果汁」、「すだち果汁」、「たけのこの水煮」等の販売や「ゆこうカクテルの試飲」も行われ、たくさんの参加者が“阿南”の特産品を購入されました。

 ふるさと光流会全般では、参加された方々どおしの名刺交換や自己紹介をするシーンが昨年以上に多く見られ、本来の目的である、阿南というキーワードによる参加者どうしの“交流”が広がった“光流会”だったと思います。

 ふるさと光流会の開催にあたり、お世話いただいた東京・阿南ふるさと会役員の皆さん、阿南市議会の皆さん、阿南市の関係部署の皆さん、ゲストの方々、東京ドームホテル関係者の皆さん、そして参加いただき、阿南を応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました。

東京・阿南ふるさと会

Facebook


facebookガイドライン

※利用前に一読ください。