西條利朗さん 叙勲受章おめでとうございます。

瑞宝単光章 受章

 

平成29年11月10日(金)、中央合同庁舎第2号館(総務省:千代田区霞が関)地下2階講堂にて「第29回危険業務従事者叙勲伝達式」が執り行われ、阿南市からは上中町の西條利朗さんが受章されました。

西條さんは、宝田分団員として約9年間の経歴ののち、昭和40年5月に阿南市消防吏員として拝命以来、初代の救急業務分隊長を務めるなど、約35年の長きにわたり常に災害はもとより常備消防の広域化や消防力の拡充等の事業に率先して先頭に立ち、消防任務遂行に尽力されました。退職後は、地域防災リーダーとして活躍されています。  その業績に対し「瑞宝単光章」が授与されました。

 

 瑞宝章は、国家又は公共に対し積年の功労のある方に授与される勲章です。

 

 西條さん、おめでとうございました。

東京・阿南ふるさと会

Facebook


facebookガイドライン

※利用前に一読ください。